読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーOLがアートでアレコレやってみるブログ

ブログ名変更しました(再)。アート初心者大歓迎! アートの面白さをナナメ上の視点から追求していくブログになります。

「男性器が凶器に見える」 私は春画にエロスを感じない

春画を初めて見たとき、私の中で複雑な感情が入り混じった。「これはエロなのかアートなのか」と。

自分の中で中途半端な気持ちが、疑問と共に湧き上がった。

 

というのも、視線はがっちり局部を捉えつつもエロスに対する興奮は覚えず、局部の余りにもグロテスクともいえる見た目に、浮世絵として最高峰の彩色技術が使われているにも関わらず、アートとしての感動さえも微塵に感じることはなかったのだ。

そして果たして現代においてこれは人々の性欲に呼応する媒体になりうるのだろうか。

 f:id:WOMANKIND:20160225154705j:plain

春画、浮世絵に対しての知識はなく、ネットで得た知見を溜めて吐き出すだけにはなるが、どうやら春画は武士の戦での、商人には災難除けのお守りとしても用いられていたという。 性交の本来の目的でもある子孫繁栄、強い生命力からくるものなのか。

それがいつしか花嫁のための性教育本として活用され、出張本屋によってエロ本として庶民に広がったそうだ。

 

人の性欲を発露させるためのものとしても活用されただろう。しかし、現代に生きる私から見たら、先ほど述べたように全くといって性欲が湧かない。

男性の友人と春画展に訪れた際、鑑賞し終えたらちょっとエッチな雰囲気になってしまうのではないか? と危惧したものだが、一切そういったものはなかった。

何故なのか。

 

いくつか要因が考えられる。

 

まず人物描写だが、春画に描かれている人物の見た目は日本を代表する絵画・浮世絵に登場するそれであり、俗的なエロ本とは対照的な出版物の教科書で見たものである。そのため平日の昼という最も理性が働く時間に見させられていたその人物像を目から脳へと情報を伝達したところで欲情には歯止めがかかってしまう。

ここで気付くが残念ながら私は、教科書に掲載された歴史上の人物画像で自慰行為にふけるような上級者として育てられたわけではなかったのだ。

f:id:WOMANKIND:20160225140724j:plain

 葛飾北斎 ついの雛形 「炬燵の中で」

そしてどうしても着目してしまう局部だが、これがまたこの世のものとは思えない描写がなされている。男性性器の竿の部分が波打つ脈を表現しているのか、縦線が入り、ねじられた雑巾のような歪な形をしているのだ。

そして当時の日本人の小さな体躯からは想像できないくらいにデカい。もうその凶器で以ってあれやこれやをされると思いを馳せたところで恐怖しか浮かばない。

女性は初めて殿方の性器を生で目の前にしたときのことを思い出してほしい。

それはゲームに出てくるサンドワームのようで、当時の私は「案外グロテスクだな」とも思った。これだけ主義主張を大声でわめき散らす私が粛々と目を見張り、口をつぐんでしまうほどだったのだ。

今でこそ経験を積み、見慣れてしまったものではあるが、心も身体も清らかであった頃に感じた危機感というものを春画に描かれた男性性器に覚えてしまったのだ。

 

しかしこれでは、あくまで個人的な感想に留まってしまう。
では春画をもう少し客観的に見たところでどうだろうか。

気になるのはその体裁である。

というのも、春画は情事のワンシーンが描かれ(大体が生殖器同士の出会いのシーンである)、その余白部分に絵画の登場人物のセリフと情景のナレーションが描かれている。
具体的に何が書かれているのか、富嶽三十六景で有名な葛飾北斎艶本「喜能会之故真通」の中にある木版画「蛸と海女」を見てみたい。

f:id:WOMANKIND:20160225140158j:plain

大ダコのセリフだけ抜いてみる。

 

大蛸:いつぞハいつぞハとねらいすましてゐたかいがあつて、けふといふけふ、とうとうとらまへたア。てもむつくりとしたいいぼぼだ。いもよりハなをこうぶつだ。サアサア、すつてすつてすいつくして、たんのふさせてから、いつそりうぐうへつれていつてかこつておこうか。

 

(いつかは、いつかはと狙いすましていた甲斐があって、今日いう今日、とうとう捕らえた!(一部艶めかしい単語があるので現代語訳省きます)さぁさぁ吸って吸って吸い尽くして、堪能させてからいっそ竜宮へ行ってヤってしまおうか)

 

まぁしかしセリフが長い。
私は女なので余り現代のエロ雑誌や漫画の体裁には詳しくないが、想像するに一枚の写真、もしくは一コマにおいてこんなに長いセリフがあることはないだろう。

というのも、図を捉える目線と、文を追う目線を同時に行うことができないので、大体一画面には文字を図として捉えるような短い単語が記載されているのではないだろうか。

ここで例としてエロ雑誌の1ページを掲載するにはいかないので、ジョジョの奇妙な冒険の一場面を出してみる。

f:id:WOMANKIND:20160225140134j:plain

これだともう「ドドド」という効果音と、「無駄無駄無駄」のセリフは文字ではなく、図形化してしまっている。だからこそ文字数が多くても一発で目に映りこむ。

何故か。

それは視覚を画像に集中させて、人の欲情による想像力を膨らませるから。

要はその体裁を取られていない春画は現代人にとってみれば、ママのお膝の上で読み聞かせてもらった絵本と一緒なのだ。長い文があって一枚の絵がある。

読み聞かせならば聴覚と視覚を同時に使えるが、春画をママのお膝の上で朗読してもらいたいだろうか。そういうプレイもあるかと思われるが、私は遠慮したい。

 

春画の文だけを切り取って官能小説、もしくは画面だけ取り出して妄想を膨らませればおそらく現代の人も何かを満たせるかもしれない。

 

まとめると春画

・今ではなじみのない歴史的な人物描写

・行き過ぎた局部の描写

・絵本スタイル

の3点が現代人にそぐわず、エロ描写としてなじむことがないのだろう。

 

しかし私が訪れた春画展では来訪者はまるで強制されているかのように、ただただ、春画を静観していた。
江戸時代の人々の遊び心を取り入れられ、春画は艶かしい性行為を面白おかしく描写しているにも関わらず、展示会の場の空気で矯正されているかのようだ。
葛飾北斎艶本のオチのほとんどが「相手男性の腎虚(幾度も果てすぎて射出するものが枯渇する病気)による死亡」なんて肩を震わせて笑えるものなのだが、本当に残念だ。

艶本春画がエロ本として現代で機能しなかったとしても、それら特有のあっけらかんとした空気感とそれを楽しもうとする気楽さはぜひ伝わってほしいものである。 

ゲスなのは現代人だけじゃない! 異性に狂った芸術家たち5人

こんにちは、ゆきびっちです。

 f:id:WOMANKIND:20160221180001j:plain
髪をばっさり切りました。

ここ最近、バンド「ゲスの極みの乙女。」の川谷絵音さんや芸人の狩野英孝さん、宮崎謙介・元衆議院議員など著名な方々の異性に関するトラブルが取り沙汰されていますね。

そのスキャンダラスな内容に、世の中からは冷ややかな視線が注がれていますが、「よくやるなぁ」と苦笑してしまいます。
しかし現代の著名人だけでなく、実は昔の芸術家たちも「作品のミューズだ!」とかこつけて、異性をはべらしていたんですよね。

ということで、今回は「異性に狂ってしまった芸術家たち」をご紹介したいと思います。

 

■修道士なのに修道女を孕ませたフィリッポ・リッピ

 f:id:WOMANKIND:20160221180215j:plain
<聖母戴冠>内一部 セルフポートレート 1441-44年

 

フィリッポ・リッピは15世紀イタリアに生きたルネサンス中期の画家で、「ヴィーナスの誕生」で有名なボッティチェリのお師匠さんでもありました。

 

f:id:WOMANKIND:20160221180244j:plain
ヴィーナスの誕生>1485年

幼少の頃孤児になった彼は修道院で育てられてそのまま修道士になり、勉強嫌いの彼はとある画家を師事して画僧となり、天才的な才能を発揮します。

しかし、残念ながら彼はくそみたいな女狂いでしてね。

依頼された作品の制作中に、あまりにムラムラしすぎたために、ベッドのシーツをつなげて仕事場から脱走し女性の元へと向かったのです。
くそすぎる。

 

最終的に女子修道院の司祭になったリッピ(当時50歳)は、夢中になってしまった30歳年下の修道女を自分の家に連れ込んで、孕ませてしまいます。
まさかの事態に当時の宗教警察なるものも動きましたが、リッピの天才的な絵画の才能を潰したらいかんと。

f:id:WOMANKIND:20160221180343j:plain
<聖母子と二天使>1465年 その修道女とリッピの子供をモデルにしたとされる

修道院側もリッピの「天から授かった才能をもつ者と、そんじょそこらのや奴を一緒にするんじゃねえ」と現代だったら大炎上の発言をしたわけです。
今でいうとタレント所属事務所が完全にもみ消すといったところでしょうか。

そんなわけで修道院側が目を瞑り、ほぼお咎めなし
2人とも還俗して生涯を添えとげ、めでたしめでたし。
え、それでいいの?

 

 

■死因は激しいセックス!? ラファエロ・サンティ

レオナルド・ダヴィンチ、ミケランジェロに並んで世界的に有名なラファエロ・サンティ。

f:id:WOMANKIND:20160221180500j:plain
<自画像>1506年

イケメンということもあり、どうやらモテモテでセックスしまくっていたらしい。
肉で肉を巻いて食べる肉食系男子ですな。

 

そんな彼が激しく恋に落ちたのは、パン屋の娘・マルゲリーテ。

f:id:WOMANKIND:20160221180527j:plain
<ラ・フォルナリーナ>1518-19 タイトルは「パン屋の娘」という意味。

彼はどうやら水浴びをしている彼女の姿をのぞき見て、彼女の官能的な身体に惚れてしまったようです。変態だよ、ラファエロさん。
あまりにも惚れすぎて、彼には政治的な背景で婚約者がいたにも関わらず、マルゲリーテと激しい情事に身を狂わせます

挙句の果て、ラファエロはマルゲリーテとの不倫情事の後、激しい運動故に熱が出て倒れ、医者の誤診による悲劇もあり、亡くなってしまいます。
男としては本望なんでしょうか…?

ちなみにマルゲリーテはラファエロ死後、修道院に入り、ラファエロに一生操を捧げたそうです。

 

 

■執念が激しすぎて、人形を愛した?オスカー・ココシュカ

さて、ここからだんだんヤバイ方向になってきます。

オスカー・ココシュカは20世紀のオーストリア画家なのですが、作曲家で著名なグスタフ・マーラーの未亡人・アルマ・マーラーに激しく恋をします。

f:id:WOMANKIND:20160221180638j:plainf:id:WOMANKIND:20160221180715j:plain
オスカー・ココシュカ (右は彼が若かりし頃)

 f:id:WOMANKIND:20160221180752j:plain
アルマ・マーラー

しかしこのアルマさんが相当の女でしてね。

ココシュカをさんざん振り回した挙句(一説によるとココシュカの子供を妊娠したにも関わらず堕胎したとのこと)、マーラーが生きていた頃から不倫していた方と結婚してしまいます。

失意に暮れるココシュカさん。

 

しかしその失意を別の形で発散させます。
なんと友人にアルマに似た人形を作ってもらうのです。

 f:id:WOMANKIND:20160221180831p:plain

f:id:WOMANKIND:20160221180949p:plain

 これはやばい。
そしてヒドイ出来
けれど関節は動くらしい。

 

この人形の扱いに関しては説が二つありまして。
アルマの人形を恋人としてデートに連れまわしていた説。
人形の出来が余りにも悪かったため、その人形を元にアルマのデッサンを繰り返していた説。

f:id:WOMANKIND:20160221181037g:plain

f:id:WOMANKIND:20160221181050j:plain

 まぁいずれにせよ、笑えないくらいの奇行なんですけどね。

 

結局最後は、ココシュカさん我に返ったのか、その人形の首をもぎ取って、ワインをぶっかけて、外に放り投げるんですけど。
人形との別れ方も本当にイカレてる
一応ココシュカさんはその後他の方と結婚もされて幸せに暮らしたとさ。
それを知った私たちの心も救われますね。

 

 

■激しい不倫スパイラル 結果ストーカー被害で指を失うムンク

みなさん、この絵画はご存じですよね?

f:id:WOMANKIND:20160221181137j:plain
<叫び>1893年

この作品の作者・エルヴァンド・ムンクさんはこの表情がお似合いなくらいに悲惨な恋愛経験を抱えておりました。

 

f:id:WOMANKIND:20160221181201g:plain

イケメンだったムンク、彼のミューズになりたいとアトリエのドアを叩く女性たちが多かったにも関わらず、彼は泥沼の不倫関係にハマッてしまいます

 

その内の一人は、気持ち良いくらいにビッチなダグニー・ユール。

f:id:WOMANKIND:20160221181231j:plain

彼女は夫との結婚の条件として「性生活に自由を」を掲げ、その宣言通りに数多の男性と情事に及びます。
彼女はムンクの作品制作に多大なる影響を与えたとも言われます。

f:id:WOMANKIND:20160221181251j:plain
<マドンナ>1893-4年 ダグニーをモデルとした作品

しかしダグニーさん、余りにも男性をはべらしすぎて、ロシア人の青年に愛憎故に銃殺されてしまいます。ムンクSHOCK。

 

その後出てきたムンクのストーカーのトゥラ・ラーセン。

f:id:WOMANKIND:20160221181314j:plain

彼女はムンクの恋人でしたが、結婚を迫りすぎたためにムンクも引き気味。

煮え切らない態度の彼に、トゥラは自殺をほのめかして家にムンクを呼び寄せ、銃を突きつけて結婚を迫るという破天荒っぷりです。
しかし銃が暴発してしまい、ムンクは小指を失い、精神を病み、病院送りとなってしまいます。なんというメンヘラ。

f:id:WOMANKIND:20160221181333j:plain
<罪>1901年 トゥラをモデルにしたもの。目が本当にやばい。

 

 

■一妻多夫制を取り入れてしまった岡本太郎の母

男性ばっかり取り上げてしまいましたが、女性もやばい人がいます。

f:id:WOMANKIND:20160221181358j:plain

日本を代表する世界的芸術家の岡本太郎の母・かの子は、漫画家・岡本一平と結婚し、22歳で太郎を生みます。
しかし、その後すぐに小説家志望の学生を恋人にし、彼と夫と子供も一緒に住んでしまうのです。

 

そのような無茶苦茶な同棲生活に夫は怒らなかったのかと疑問に思ってしまうのですが、なんと夫の一平氏は、かの子がとあるお医者様に恋をしたときに彼を家に連れてくるよう、夫に泣きついて御願いしたとのこと。
平氏もその願いをはねつけるかと思いきや、妻の願いを受け入れて、お医者様に懇願して岡本家に来てもらい、まさかのダブル同棲スタート。

f:id:WOMANKIND:20160221181431j:plain
※そのときの岡本家の家族写真?カオスとしか言いようがない。

 

そのような環境で育った岡本太郎氏も芸術を爆発せざるを得なかったわけです。

f:id:WOMANKIND:20160221181452j:plain

 

いやぁ、揃いも揃った濃ゆいメンバーでしたね。

彼らについては現代の倫理観では理解できない部分もあるかと思います。
しかし普通、人が理性的に社会生活の中で抑え込んでしまうような生き物らしい情欲や、ある意味で人間の誰でも持ちうる占有欲を素直にプリミティブに表現してしまう彼らは、普段私たちが気付きえないことを敏感に察知する力をもっています。

そして神経の隅々まで使って、自分の中に抱え込んだエネルギーを作品にぶつけるのです。

だからこそ身体や精神を犠牲にしながらも世界の誰もが認めるような名作という作品を生み出し、その名を海を越え時代を超えた私たちのもとにまで轟かせるのですね。

 

自由奔放に恋愛をする人=すごい人と肯定するつもりは毛頭ありません。
そして現代で起こる異性間トラブルに関して野次馬的な視線は送っても、同情する気はありません。

しかし芸術家たちの抱えた膨大なエネルギーを自由に発散して表現させる力は、文字を書き起こすものとしてあやかりたいものですね。

 

それでは♪

 

現在お仕事募集中 アート関連(それ以外でも可)の記事作成などお待ちしております★

お問い合わせ先:yukivicher@gmail.com まで御願い致します。